はちみつ。効果

はちみつ

はちみつ:アルカリ性の食物で、色が濃いほどアルカリ性が強い。全ての人にとって効果的な食べ物で、糖尿病患者にも膵液を消化に必要としない為有益です。
 
はちみつの成分

はちみつは様々な糖分の種類によって構成されています。果糖(果物の砂糖)、ブドウ糖、またはグルコースを特によく含んでいる。ショ糖やサトウキビの糖から構成されている物もある。サトウキビや甜菜糖の工業生産によってはちみつは食物に使用される甘味料としての位置を失った。糖尿病患者がはちみつの使用を行えるのは果糖が多く含まれているからです。

はちみつの白糖に対する利点

近年、白糖は多くの食物に使用され、多くの人が食するようになったが、はちみつと比べ、健康に利点を持ってはいない。白糖は天然ビタミンやミネラルに欠けており、数え切れないほどの様々な代謝障害を引き起こしました。特に虫歯の原因となってきました。一方で、はちみつは白糖に対して、体内での使用の為にビタミンB1やミネラル(特にカルシウムリン)を必要としない、利点を持つ。その為、長期的にはちみつを使用するのは白糖と比べて害が少ない。
 
薬としてのはちみつ

はちみつは優れた薬として多くの病気の治療に使用されてきました。癌の病気(ソリューションミード)、心臓の病気、神経系、過度の労働、風邪不眠症などが特に効果を発揮します。

天然のはちみつはジフテリアに大きな影響を与えます。細菌に対する効果だけでなく、病原体に対する天然バリアとして機能し、大腸菌、芽胞菌空の防衛を行う。

はちみつはまた、脳の強壮剤としてリンを多く含んでいるので有効的です。肝硬変患者の食事にも良い効果を与え、これは主に肝臓にグリコーゲンを生成するために必要なブドウ糖(肝臓に蓄積、および使用されることが出来る糖分)を提供することによる。 ギ酸が含まれ、リウマチや関節炎に役立ちます。豊富なの含有量とビタミンBのおかげで貧血の回復にもつながります。
 
蜂蜜と薬用植物

茶やハーブなどにはちみつを混ぜることで、その効果を強め、改善します。
 
はちみつの効力

  • はちみつは消化し易いブドウ糖とリンを多く含む。
  • 関節炎肝臓便秘高血圧消化不良、過剰な胃の酸性度を和らげます。
  • 血管拡張薬と利尿作用があります。
  • 血液の供給を調整します。
  • 交感神経系で動作し、肝臓や肺疾患を改善します。輻輳気管支やのどを癒す。胃、十二指腸潰瘍で素晴らしい効果が期待できる。
  • ギ酸は無害な消毒薬、抗リウマチ剤となる。
  • 口内炎の治療匂いては、レモンの汁と混ぜて少しの間口の中で炎症に当てる。
  • 未だにはちみつの全ての効果、効力が見つかっていないが、全ての病気に効果があるとされる。